馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サマーウォーズ
333497_100x100_002.jpgサマーウォーズ

監督 細田守
出演 神木隆之介 桜庭ななみ


(あらすじ)天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を務めることに…


 さて、名作「時をかける少女」のスタッフが再集結して製作したこの映画。近所のツタヤに行っても特集コーナーが組まれていることが多く、人気の高さを感じます。

 が、しかし…

 私は「時をかける少女」は全然ツボにはまりませんでした。話の内容がどうとかいうものではなく、主人公の真琴が生理的に受け付けられないタイプの人間だったからです。私はあまり人見知りするほうではないと自分では勝手にそう思っているのですが、何故かこの映画の主人公、真琴には激しい嫌悪感を覚えました。理由は判りません。ただ、本能的にそう思いました。映画の中身が全く頭に入らないくらいそう思いました。


 なので、何だか評判よさげなこの映画に対しても若干の不安はありました。面白いんだろうか?


 で、答えは、面白い。けれど判らない。といったところに収まると思います。


 話は現実とインターネット上の仮想空間「オズ」の二つの世界が舞台となります。が、製作者側がオズの世界観を見ている人間に分からせようとする気があるのか疑問です。少なくともネットを齧った事のないおじいさん、おばあさんはこの映画を楽しむことは出来ないだろうし、私もオズのことはほとんどさっぱりわかりません。矛盾を感じることも多々出てきます。実際私は、ストーリーがオズの世界に入っていくのと同時に映画に対する興味を自分が一気に失っていくのを感じました。

 
 じゃあ、何が面白かったのかというと…


 この映画で描かれている「現実世界」が、物凄く生き生きとしていて面白かったんですよ。特に現実世界に生きる主人公の動きが。頭使いすぎて鼻血出しちゃうところなんて最高ですわ。

 
 

 この映画の好きなシーン

 陣内家の次男、万助と最強中学生、佳住馬との会話で、万助が放つこの台詞


 「兄弟はいいぞ。おやつも減るし…」


 ところで、劇中次男は役に立たない、なる台詞が出てきますが、私もしっかり次男です。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション
(2007/10/26)
FROGMAN

商品詳細を見る


(あらすじ)世界征服の野望を目論む密結社 鷹の爪団。だが今はそれどころか資金難にみまわれ、家主の執拗な家賃の取り立てから逃れるため夜逃げする。しかし、マシンにピタリと貼り付いていた大家を振り落とそうと暴走を続け、うっかり勢い余って宇宙空間に飛び出してしまった!!途方に暮れる鷹の爪団を救ったのは巨大な宇宙実験施設ピースボール。そこで出会った青年“和夫”は、総統が23年前に生き別れた愛息“和夫”と瓜二つだった…。


 島根県。


 それは関東の人間には比較的縁の薄い県。


 かく言う私も学校を出るまで島根と高知と佐賀の人には会ったことはありませんでした。まあ就職した後には高知出身の人と知り合いになり、また佐賀県民においては職場に十数人もおり、なおかつその十数人が佐賀県人会とやらを結成しており、そしてまたその佐賀県人会というのが年に一度コンパニオンを呼んで盛大にドンチャン騒ぎをするという至極うらやましい会だったりしたこともあって高知と佐賀の人たちとはなじみになったのですが、島根の人とはいまだかつて接したことがありません。不思議の国島根。


 
 そしてどうやら、島根には天才がいるようですね。


 とまあ、ここまでいい事を書いておいて本題に移りますが、


この映画の面白さは東宝のマナームービーと同じくらい


 です。長くしたから面白さが倍増するわけでもないのね~。



 この映画の好きなシーン

 VITは、ヴぁーさんの粋な企み、の略!



 いや、映画公開前のアレ、秀逸すぎるだろ。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

アイアン・ジャイアント
アイアン・ジャイアント 特別版アイアン・ジャイアント 特別版
(2007/12/07)
ジェニファー・アニストン、ハリー・コニック・Jr. 他

商品詳細を見る



(あらすじ)1957年10月、ソ連の人工衛星スプートニクに全米が揺れた頃のこと。嵐の夜、宇宙から巨大ロボット(声=ヴィン・ディーゼル)が落下した。メイン州で未亡人の母アニー(声=ジェニファー・アニストン)とふたり暮らしの9歳の少年ホーガース(声=イーライ・マリエンタール)は、森の中でこの巨大ロボットと出会う・・・



 もうね、泣きたい時にはこれですよ、これ。もうだだ泣きですよ。



 その昔、後輩のT君とスノボに行った時の事。スノボの車内なんてのは暇と相場が決まっています。非常にのび太君なT君は私の運転する車では決まって熟睡します。後輩のくせに。一度など、お正月の苗場からの帰り道、大渋滞の関越道で7時間眠り続けた事もあります。後輩のくせに。



 一人7時間、ステアリングを握り続けた私はこの事態を非常に重く見ました。俺が7時間も運転している間、こいつは何をやっているんだ!こいつも起こしておくべきじゃないのか?


 
 そんな時にナビを取り付けたのですが、偶然と言うか運よくというか安価でDVDプレイヤー機能付のナビが手に入りました。むむ、長時間のドライブのときに、これで映画でも流しておけば同乗者は寝ないのかも知れん。


 そのしばらく後、偶然T君と休みが重なる事があり、「先輩、山行きましょうよ。」との誘いもあってT君とスノボに行った時、この映画を見てみることにしました。


 結果として早朝の関越道、男二人でボロ泣き。運転手(私)涙で前見えず。超危険。



 まあね、運転中に映画見るのも危ないから、私は前もってこの映画見ておいたんですよ。んで、そのときにいいだけボロ泣きしたんですけど、二回目もダメでしたね。画面見てないんだけど、台詞だけで泣いちゃう。もうダメ。





 ちなみにT君は、「エロビデオでも買おっかな~?」などと下心満載で入ったビデオショップでこの映画を350円で発見し、いたたまれずに買って帰って家で見て号泣したそうです。ふん、エロめ。後輩のくせに。


この映画の好きなシーン

 そりゃもう「スーパーマーン!」ですよ。




 純粋な気持ちで見て下さい。単純な話ですが、泣けます。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。