馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミラーズ
080908_mirrors_main.jpgミラーズ

監督 アレクサンドル・アジャ
出演 キーファー・サザーランド ポーラ・パットン


(あらすじ)同僚を誤って射殺してしまい、停職処分を下されたニューヨーク市警の刑事、ベン・カーソン(キーファー・サザーラン)はアルコールに溺れる日々を送っていた。だがベンは、別居中の妻・エイミーの信頼と、かわいい2人の子供との生活を取り戻すため、5年前の大火災で大勢の死者を出し、廃墟と化したメイフラワー・デパートを巡回する夜警の仕事につく。そこでベンは、いまなお美しい光沢を保つ巨大な鏡の邪悪な妖気に引き寄せられるように鏡に触れた瞬間、全身を焼き尽くすような激痛がベンを襲い、鏡には焼けただれた女性の姿が映し出された…。そのあまりにもリアルでおぞましい体験から、極度に鏡を恐れるようになったベン。だが彼の周囲で、奇怪な出来事が続発するようになる。やがてベンは、鏡に浮かび上がった謎めいたキーワードの意味を調べるうちに、50年以上前に病院で起こった忌まわしい事実にたどり着く…


 怖い映画というのにも色々とあって、まあ簡単に言うと怖い映画と怖くない映画に分けることが出来ると思います。当たり前ですね。


 ただ、その怖いにも色々あるわけで…


 たとえばREC。この映画は大変怖いですが、登場するのはゾンビです。ゾンビそのものは大して怖い存在ではなく、ゾンビ映画の怖さは「ゾンビがどういったタイミングで出てくるか。」の一点に賭けられていると思います。簡単に言うと、びっくり箱を空けたときの怖さです。だから、RECは本当は怖くないのに怖い映画、ということが言えると思います。


 反面、我々日本人が見た場合、「リング」や「呪怨」は怖い映画、ということが言えると思います。何だか得体の知れないものが迫ってくる怖さ。脊椎の真ん中にずしんと来る怖さ。ああ怖い。これらの映画はとっても怖いです。


 じゃ、エクソシストはどうなの?ということになるのですが…


 エクソシストが怖かったという人はそんなにはいなかったんじゃないか、と私は思います。あの映画を見た後の周囲の感想としては「首が360度まわるんだよね~」とか「口から吐いたのはグリーンピースのスープだったらしいよ」とかいった「映画が怖くて仕方がなかった。」という物ではなく、ブリッジで階段を下りるなんてすげえな~といったどちらかというとイロモノ扱いのものが大半を占めていました。


 ところが、アメリカ人は、この映画が怖くて仕方がないらしい。

 
 ここにも、国境を越えることのない映画の魅力があると思います。


 たとえばコーエン兄弟やジャック・ブラックを見ても我々日本人が腹の底から笑えないように、北野武のコメディ映画を外国人が全て理解できているとは思えないように、「恐怖映画」にも超える事が出来ない一線があるのだと私は思います。日本人には理解できない悪魔思想。我々日本人が怖いのは、鬼でも悪魔でも鬼太郎でもなく、霊、死霊、悪霊です。我々が化け猫を怖いと思うのは、化け猫の向こう側に恨みを持った霊の存在が見えるからです。多分アメリカ人に化け猫を見せてもちっとも怖がってくれないに違いない。要するに文化の壁は意外と高い。


 
 で、この映画。



 途中まではとても怖いです。それは、途中まではゾンビ映画と同じく、得たいの知れないものを「わっ!」というタイミングで登場させる手法をとっているから。文化の違いを超える事が出来る怖さの演出です。ところが中盤以降、恐怖の正体が分かってしまうとこの映画は急激に怖さを失います。それを言うとネタばれになってしまうわけですが、まあここまで書いておいてネタばれもクソもないんですが、とりあえず言いたいことを一つ。


 
 中盤以降のストーリー展開は、主人公の傲慢以外何者でもない。



 結構楽しめたし、怖かったのも事実ですが、脚本そのものはひどいと思いますね。





 この映画の好きなシーン

 今回は番外編です。


 なんていうか、鏡って言うのはやっぱり怖くて神秘的なもの、というのは間違いないので、以下、私が目の中にゴミが入ったときに偶然発見してしまった鏡を使ったちょっとだけ怖い遊びを紹介します。興味がある方のみどうぞ。


①鏡から10センチくらいの距離に近づく

②鏡に映った自分の左目を見つめる

③何だか違和感が出てくるまでそのまま見つめる

④何だか違和感が出てきたら「お前は誰だ。」と言いながら鏡の中の右目に視線を移す





 

 自分にそっくりの他人がこちらを見ている錯覚に一瞬陥ることが出来ると思います。怖いの注意!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

呪怨
呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]
(2003/07/25)
奥菜恵伊東美咲

商品詳細を見る


監督 清水崇
出演 奥菜恵 伊東美咲


(あらすじ)介護ボランティアをする理佳(奥菜恵)は、寝たきりの老婆を見舞いに徳永家を訪ねる。何の変哲もない一戸建て住宅を前にした理佳は、異様な空気を感じていた。物が散乱し悪臭が立ち込めた部屋には、遠くを見つめ黙りこくった老婆が座っている。人の気配を感じ、2階へと上がった理佳は、そこに不気味な光景を見る…。


 先日、仲間と飲んだ時の事。男だけで飲んでた割にはどういうわけか怪談話になり、そのうち議題は流れ今まで見た中で一番怖かった映画は何か?という話になりました。


 実は私が今まで見た中で一番怖かった映画は「リング」であり、自信を持って「リングは怖かったよな、お前らもそうだよな、とりあえずリング見た後はテレビのない部屋で寝てたよな?」みたいな主張を繰り広げてやったのですが、そのとき一緒に飲んでた二人は違いました。


「呪怨だな。」
「うん、呪怨は怖かったな。」



なんだとぉ~!


 呪怨なんて、ボーっと変換しちまえば「呪怨」よりも「寿恩」が先に出てしまうような単語です。「寿恩」なんですかこの福に満ち満ちた字面は。こんな福々しいものが怖いのか。よっしゃ、見たるわい。


 早速ツタヤへ。ありましたありました呪怨。パッケージの少年がいかにもな感じです。これは期待が持てそうです。早速家に持ち帰り外が明るいうちにプレイヤーにDVDをぶち込みます。ヘタレでもいい。


 んで、見初めてすぐに気がつきました。


 俺この映画みたことあるな。


 一回見たにもかかわらずそんなことをすっかり忘れてしまっている映画がどれほど怖いのかと聞かれても大人の世界には腹芸ってものがあるんだよ、としか答えられないのですが、まあ要するに


 俺が今まで見た中で一番怖かったのはリングだ。


 この映画の好きなシーン

 この映画には秀逸なシーンがあります。それは、

 伊東美咲が布団の中に引きずり込まれるシーン

 です。普通の子供の場合、凄く怖いことがあった場合は布団の中にもぐりこみます。何故なら、布団の中は安全地帯だからなのです。だから、そんな安全地帯を奪ってしまったこのシーンは禁じ手であると同時に名シーンなのです。

 少なくとも、子供の頃この映画見なくて良かった。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。