馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラムドッグ$ミリオネア
img1_1233108476.jpgスラムドッグ$ミリオネア


監督 ダニー・ボイル
出演 デーヴ・パテル マドゥール・ミタル フリーダ・ピント


(あらすじ)インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマールは警察署での警官の厳しい尋問に対し、正答を知ることになった自分の過去を話し始める。そこには1人の少女を追い続けた彼の人生の物語があるのだった…


 何と言うか、よく分からない作品です。

 何が分からなかったかと言うと、公開より前にタイトルだけ聞いたとき「このミリオネアってのはまさかあのミリオネアじゃねえよな。」などと思っていたら蓋を開けてみたらあのミリオネアであってあらまあびっくり世の中は分からない、みたいな意味の分からないでも、スラムドックとミリオネアの間に書いてある$の読み方が分からずチケットを買うときに困った、というような類のものでもなく、監督は何を意図してこの映画を作ったのか、そして何でアカデミーを獲ったのか、その辺がよく分からないのです。

 この映画においてタイトルの後半にあるミリオネアはおまけであるということにして考えていくと、この映画は一人の少年がスラムから抜け出して愛を掴む、という話として考えていいと思うのですが、私が思うにこの話の作り方はインチキです。


 何故なら、ハッピーエンドで終わるこの話には間違いなく続きがある筈だからです。


 確かにこの話はジャマールがラティカとミリオンを掴んでハッピーで終わります。しかし、まだスラムが存在すると思われるこの国において、公然とミリオネアになったジャマールの元へは新たなスラムが殺到し、更なる混乱と殺戮を生むことが想像に難くありません。この話の続きを考えれば、ラティカは新たなマフィアにさらわれて犯され、ジャマールは殺され金は奪われます。意地悪な結論を想定して書いている訳ではありません。因果応報です。ジャマールは列車内で盗品を売買し、豊かで愚かなアメリカ人から金品をせしめて成長した男の筈です。こういった国において、「金を持つ」ということは命の危険を抱えるということに等しいと思われます。


 でも、この映画の製作者達はこの映画の主人公ジャマールに金を与えます。貧困にあえぐ国における金品というのと、自分達の価値観における金品の差というものを考えずに。



 アフリカ支援というものがあります。


 どうやらあまりうまくいっていないようです。


 それは、支援をする側とされる側の価値観の違いが分かっていないためのようです。


 一例を挙げると、先日とある大物芸人さんがベナン共和国にスクールバスを寄付しました。


 ピカピカの新車です。


 でも、それが本当に支援になるとは私には思えない。その車が子供たちのために使われるとは思えない。解体され、部品はばら売りされ、限られた人間の懐に入るとしか思えない。よしんば本当に子供達のために使われたとしてもそれでも支援になっているとは思えない。ベナンにおいて、本当に支援が必要な子供達は学校に行っているとは思えない。


 どんな億万長者が慈善心を出してインドに金をばら撒き「ああ、いい事をした」などと自己満足に浸ったとしても、インド全土に何十万といると思えるジャマールたちを救えるとは思えない。


 「じゃ、偉そうにいっているお前は何が出来るんだ?」などと聞かれそうですが、はっきりお答えすると私には何も出来ない。


 つまり、この映画を見て私が感じたものは、「自分の無力感」だけでした。

 
 なのでこうも思ったわけです。なぜこの映画はアカデミーを獲ったのだろうかと。この映画は、多少金のある先進国の人間が自己満足のもとに獲った映画ではないのか、と。




 この映画の好きなシーン


 終盤のジャマールとラティカの二人の会話


ジャマール「I love you.」
ラティカ  「So what?」


何だか哀しいやり取りですが、この映画が私にさした止めです。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

グラン・トリノ
img1_1234142851.jpgグラン・トリノ

監督 クリント・イーストウッド
出演 クリント・イーストウッド ブライアン・ホウ

(あらすじ)朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギャングがウォルトの隣に住むおとなしい少年タオにウォルトの所有する1972年製グラン・トリノを盗ませようとする。タオに銃を向けるウォルトだが、この出会いがこの二人のこれからの人生を変えていく…


 当馬面映画館がとっくの昔に閉鎖したとお思いだった皆さんどうもこんにちは。実際閉鎖寸前だったです。毎晩ついうっかり飲みすぎたり眠りこけたりしているうちに暦は流れ今日を迎えました。皆さんお元気でしょうか。絵に描いたような怠惰な春を送っています、馬面です。


 ところで、ここまでブログの更新を伸ばし伸ばしにしていた間も実は少しづつではありながらも映画を見てはいたのですが、私も見た映画全てに記事をつけているわけではなく、「これだ!!」と思った作品にのみこのくだらないブログの犠牲になっていただいているわけで、要するにこの映画を見て久しぶりに「これだ!!」と思ったわけなんです。

 
 さて、名優イーストウッドによるこの作品。名優も年をとり、もうどこからどう見ても完全なお爺さんであり、それに呼応してか本日訪れた映画館の観客さんもほぼ全員お爺さんお婆さんです。今回の観客の中で年金貰ってないのは多分私一人だったと思います。


 で、そんな客層のうち、結構な数の人がこの映画見て泣いてました。びっくり。「老人は映画に感動して泣くな!」なんてことを言う気はないですがそれだけ珍しい光景でした。そしてそれだけ今回の客層の方々の心に染み入る映画だったということが言えるんでしょう。まあ、私個人的には「許されざる者」を髣髴とさせてくれる流れで好きですけど泣くまでは至らない、というのが本音ですけれど。

 ともかく、周囲の反応から察するに、「俺そろそろ老齢の粋に入っているんじゃないかな?」な方にはお勧めです。



 この映画の好きなシーン

 地下室で、ウォルトがタオに語るこの一言

「お前は大人になった。自慢できる友達だ。」


 レイシズムの塊が黄色人種に向かって発した究極の誉め言葉です。


 

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

ベンジャミン・バトン 数奇な人生
330912view004.jpgベンジャミン・バトン 数奇な人生


監督 デビット・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ティルダ・スウィントン


(あらすじ)80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいくが……


 映画の予告編ってのは大事です。


 映画を見るに当たって、多くの人は多分予告編を見て映画館に足を運ぶものだと思います。中には「アカデミー賞でオスカーを獲った」とか「テレビでおすぎが誉めてた」とかいった付加価値がついて映画館へ、なんてこともあるんでしょうがそれはメジャーな理由ではないように思えます。ましてや、「誰それの脚本作品だから」とか「撮影監督が樋口真司だったから」なんて理由で映画を見に行っちゃう人は結構マニアックなんじゃないか、そう思ってしまったりします。


 で、最近の映画の予告編なんですが、大変によくない。よろしくない。


 もう予告編には騙されっぱなし、やられっぱなしです。「インディ・○ョーンズ」みたいに散々人の期待を膨らませておきながら派手に面白くないものはザラ。中には「○○が静止する日」みたいに予告編だけで映画の内容98パーセントが分かってしまうという視聴者をなめとんのかゴルァ!な映画もあったりして、もう我々は騙されませんよ、てな感じではすに構えちゃったりするわけです。


 そんな中、この「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の予告編を見ました。


 もうね、予告編の時点で、「わ、この映画つまらなそう。パス!パス!!」ってなったわけです、私は。何だかひどくパッとしない映画な訳です。これがまた。


 でもこの間ちょっと時間が空いたもんだから映画館に足を運んでみたらちょうどこの映画の上映時間だったわけです。ああ、そんなに面白そうじゃないけどまあ見るか。そう思ってチケット買ったんですよ。



 物凄く面白いい映画でした。フィンチャー監督、ごめんなさい。


 淡々と進むストーリーの中に何だか愛があふれているんですよ。だから出てくる人たちがやたらと美しい。「大柄であまり美人ではない」はずのティルダ・スウィントンだって十分に物凄く綺麗です。水面から顔を出すケイト・ブランシェットなんかもうね、もう、何と言うか恋しちゃいそうです。あぶねえ。


 そんな中、この映画の一番好きなシーン



 必死にマシンガンを打ちまくる鬼の形相のスミス

です。



 私は命をがけの人間の画が大好きなんですわ。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

7つの贈り物
332665view001.jpg7つの贈り物


監督 ガブリエレ・ムッチーノ
出演 ウィル・スミス ロザリオ・ドーソン


(あらすじ)過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のためには、その7人でなければならない特別な理由があった……


 ウィル・スミスっていう人はどうもやたらと犬に好かれる人みたいです。


 たとえば、この人が出演したアイ・アム・レジェンドという映画には、サムという名の犬が登場します。犬の正式名称はサマンサ。人類が滅んでしまった後の世界の、ウィル・スミスのたった一人(一匹?)の友達です。


 で、このサムがガタイのいい屈強なシェパードなんですが、実によくウィル・スミスになついているんですよ。ウィルさんが廃墟に向かってゴルフの打ちっ放ししている横にお行儀よく座っているサムはかわいい以外の何物でもない。


 そしてこの物語。ロザリオ・ドーソンは犬を飼っています。それでその犬がグレート・デーン。「アイ・アム…」に比べ二回りくらいでかくなっています。でもちゃんとウィル・スミスにはなついちゃう。不思議。



 次は馬かな?



 そんな事はさておきこの作品の中身のほうに目を移しますと、前半は何をやっているのか全く分からないのですが、話が後半に差し掛かった頃から話の内容がラストまで一気に全部読めてしまう、という非常に極端な作りになっています。そういった意味ではこの映画から感動を受けるのは難しいと思われます。まあ、いいお話ですけど。美談ですけど。



 この映画の好きなシーン

 ウィル・スミスとロザリオ・ドーソンが踊るシーンはなかなかしゃれてて好きだ。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

チェ  28歳の革命
149839che.jpgチェ  28歳の革命

(監督)スティーブン・ソダーバーグ
(出演)ベニチオ・デル・トロ


(あらすじ)メキシコで出会ったチェ・ゲバラとフィデル・カストロはアメリカの傀儡であるバティスタ政権を打倒し、革命を達成するため、海を渡りキューバに入る。チェは仲間とゲリラ活動を行いながら前進。勢力を拡大していく…


 まずとりあえずお勉強から。


 チェ・ゲバラってどんな人?


 世の中には二通りの映画があります。


 まあ今までもこのチラ裏なブログの中で、偉そうに「世の中には二通りの映画がある!」なんて語ってきましたが、今回の二通りは「怖い映画と怖くない映画」とか「怪獣が出る映画とそうでない映画」とか言うお話ではなく、


 「事前に勉強が必要な映画とそうでない映画。」

 の二通りです。


 もっとも、事前に勉強が必要でない映画というものの方が少なく、たとえば「ウォーリー」だって事前に2001年宇宙の旅を見ておくとちょっと余分に楽しめたりするわけですが、ここで定義する「勉強が必要な映画」とは、前もってある程度予備知識を入れておかないと全く楽しめない映画、ということにしておきます。

 こういった映画はえてして伝記映画に多いんですが、やっぱりこの映画も伝記映画だけあって最初にちょっと勉強しておかないと楽しめないんではないか?私はそう思います。

 まあかく言う私もこの映画を見るまではゲバラのことはろくに知らず、「Tシャツの胸のデザインの人」くらいの認識しかなかったです。ただの髭。

 ところが、上にリンクしたゲバラの考え方なんか読んでると、物凄く勉強になったり共感できたりします。人種としてはまあプロ市民であり、好きか嫌いかと言われれば大っ嫌いな人種に入る人なんですが、細かい考え方は好きですね。


 で、こういった、「映画を通じて見識を深める」っていうのはやっぱり大切なことなんでしょうねえ。

  
 それから、映画そのものに関して言えば、ソダーバーグ監督が「トラフィック」で使ったカラーの使い分けの技術がここでも流用されていて、時代が入り組んだわかりにくい場面においてかなり功を奏しています。モノクロ、ザ、最近。



 この映画の好きなシーン

 山の中のシーンはみんな好きです。


 最近、趣味で山を登ることが多いんですが、戦争に行けば山くらい簡単に登れるようになるようです。つまり、そのくらい戦争はきつい。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。