馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜘蛛巣城
蜘蛛巣城<普及版>蜘蛛巣城<普及版>
(2007/11/09)
三船敏郎;山田五十鈴;千秋実;志村喬

商品詳細を見る



(あらすじ)戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春が家臣の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時と二の砦の三木義明が敵を破ったと報じる。喜んだ国春に召された武時と義明は蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入る。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進む二人の前に一人の老婆が現れ、驚く二人に対し「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をする。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられる。

 
 見てないのでなんともいえないけれど、「隠し砦の三悪人」どうやら散々な出来のようです。だったら本家本元、黒澤明の映画評を書こうではないか!


 なんですが…


 いろいろ書きたいことはあります。CGの無い時代にあんなオープニングどうやって撮るんだ!とか、霧の中を迷子になっているだけの時間が異様に緊迫感にあふれているのはなんでなんだぜ?とか、実は山田五十鈴は物の怪なんじゃないか?必殺時代からうすうす感づいてはいたけど、とか、書いていったら霧が無い、いや、きりが無いです。

 でも、きりが無いことを数え上げてみたらみんなこの映画の長所だ、というのは凄いです。さすが世界の黒沢。



 この映画の好きなシーン

 まあ、当たり前で申し訳ないのですが



 DVDのパッケージ


でしょうね。この時代、CGありませんから。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

座頭市関所破り
座頭市関所破り座頭市関所破り
(2003/10/16)
勝新太郎、高田美和 他

商品詳細を見る



(あらすじ)座頭市は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいたが、ふとしたことから新助と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙に届け津古とになった。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲に会う。



 もうね、最近映画館に行って映画を観ようとすると「築地魚河岸三代目」の予告編がウザいんですよ、ホントに。馬です。


 で、そんなウザついでにショッキングなニュースを目にしました。


 「座頭市」がリメイクされる!しかも、主演は綾瀬はるかで!!


 

 なめとんのかおどれらは!!



 あの北野武が「同じものは作れない」として苦肉の策として目が見える市を演じたあの「座頭壱」をサイボーグ彼女主演で!!


 ・・・まあ、見てみない事にはなんとも言えないのですが、多分ダメでしょう。なぜなら、座頭壱という物語は「話の内容に凄みがある」物語ではなく、「勝新太郎が演じる座頭壱という人物に凄みがある」物語だからなのです。


 世界中のどんな名優をもってしても「座頭の壱」を演じる事はできない。


 壱の杖の突き方、走り方、子供に石を投げつけられた時の表情、地面に落とした握り飯を美味そうに食う仕草、そして何より、勝新自らが考え出したというあの立ち回り・・・


 ちなみに、私は座頭壱シリーズ、映画版はほとんど見ているのですが、見始めたきっかけは、「夜の賭場で明り取りのろうそくを切り落とし周囲を暗闇に陥れた壱が『闇はあたしの世界だ、見当つけて掛かってきな』」というシーンをテレビ探偵団か何かで見て「うひょー、カッコエエ!」などと思い、もう一度そのシーンを見たくなって探し始めたのがきっかけです。ただし、あれだけ座頭壱シリーズを見ておきながら、いまだにそのシーンにお目にかかっていないところを見ると、あれは劇場版ではなくテレビ版だったのかも知れません。もしご存知の方がおられたならば、ご教示いただけたら幸いです。



 この映画の好きなシーン

 この映画の賭場のシーンも最高ですよ。


 不世出のスター、勝新の晴れ姿です。私生活は問題あったみたいだけど。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

隠し砦の三悪人
隠し砦の三悪人<普及版>隠し砦の三悪人<普及版>
(2007/11/09)
三船敏郎;上原美佐;千秋実;藤原釜足

商品詳細を見る



 先日、「椿三十郎」が織田裕二主演でリメイクされた事に引き続き、今度はこの「隠し砦の三悪人」がリメイクされるそうです。私は好きな黒澤映画を三本選べといわれたら、「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」と「どですかでん」なのですが、最後の「どですかでん」だけは絶対にリメイクされそうにない安堵感があります。何故だろう?


 さて、そんな事より今回はこの「隠し砦の三悪人」です。リメイク版に当たっては、松本潤が「武蔵」なる訳の分からんキャラクターを演ずるなど、全く持って期待できそうにないので、ここで紹介するのは当然ながら黒澤版「隠し砦の三悪人」です。


(あらすじ)戦国時代のある地方、山名家に敗れた秋月家の武将・真壁六郎太は、雪姫を擁して、お家再興のための軍資金の黄金と共に、隠し砦にこもった。
六郎太は、砦近くの沢で軍資金を盗もうと不審な行動をしていた、百姓の太平と又七を問い詰める。そして彼らが苦し紛れに口にした方法を利用し、二人の欲に付け入って黄金を背負わせ、雪姫の身を守りながらも敵地を通って、友好国の早川領へ抜ける方策へ発展させる事にした。
途中、男まさりの勝気な気性の雪姫の機嫌を損ねることなく、不平不満を言い逃亡も図る二人を脅しすかし、国境の関所を通過。
だが六郎太の前に、山名の侍大将でかつての盟友・田所兵衛が立ちふさがる。



 私事で恐縮ですが、実は少しばかり山登りなどしております。まだまだ夏山専門のヒヨッコでして、人様に「山登ってるんじゃい!」などと言える様な分際ではないのですが、それでも少しでも登っていると、山登りの難所ってのは少しずつ見えてくるわけです。急なガレ場ってのは結構大変なんだよ、というのが分かってくるわけです。


 で、黒澤監督ですが、この急なガレ場を草履履きで駆け上がれと役者さんに命じたりしています。上がれと言われた千秋実さんと藤原釜足さんには同情を禁じ得ないのですが、「用心棒」の中では後の副将軍にあらせられる東野英治郎さんを軒先からぐるぐる巻きにしてぶら下げたりしているあたり、藤原釜足とか水戸光圀とかいった権力的な名前が嫌いなアナーキーな方だったのかもしれません。


 いずれにせよ、役者さんってのは大変だな、と思うわけです。



 主人公の三船敏郎さんだって大変です。見せ場のシーンの一つとして、「走っている馬の上で両手を離して刀を振り上げる」というのがあるのですが、こんなのだって命がけです。でも、そんな命がけのシーンに命をかけて挑むからこの映画には言い得ない迫力がある。素晴しい。



 リメイクの「隠し砦」ではどんな命がけのシーンを見せてくれるのでしょうか。


この映画の好きなシーン

 上に揚げた「六郎太が山名の兵をぶった切るシーン」もいいのですが、私は地味ながらも、映画の序盤の六郎太の放つこの台詞が気に入っています。







  「妹めが、お役に立ちました。」 




 ん~、戦国ってのは大変だったんだな。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

どら平太
どら平太どら平太
(2000/12/22)
役所広司

商品詳細を見る



 まず最初に、偉大なる映画監督の死に心より哀悼の意を表します。


 市川監督というのは精力的な人です。デビュー作「娘道成寺」から数えて監督した作品は79本に登ります。映画の内容も、横溝正史の「犬神家の一族」みたいなどろどろしたものから「東京オリンピック」みたいな記録映画様のものまで多岐にわたります。多彩な才能です。


 そんな中、私が一番好きなのはこの「どら平太」です。あまたの市川映画の中から「ビルマの竪琴」でもなく「八つ墓村」でもなく、どら平太です。


 好きな理由は、次のシーンにあります。



この映画の好きなシーン

 菅原文太率いる大河岸の灘谷八が率いるチンピラ軍団がどら平太を囲んで「殺すには惜しい男だ。」といった後のこのきめ台詞です。

「ならば、殺さないでおいてもらおうか。」


 ちなみに私、このやり取りを映画館の予告編で見て痛く感動し、封切二日目にこの映画を見に行った事「があります。にこやかな役所広冶に抜群の迫力を感じる名シーンです。




ともあれ、もしこの記事を読んでお気に召されたなら、是非一度ご観覧を。


テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。