馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日に向かって撃て!
 まあ普通の場合、映画評を書こうなんて時は一番最近見た映画を書くものなんだろうと思いますが、考えてみればここしばらく映画なんてものは見ておらず、さらによく考えてみればテレビ画面というものも連続して20分以上は見ていなかったことに気がつきました。はて、映画ブログ、早々に頓挫か?


 しかしながらせっかく立ち上げた事もあるし以前に見た映画のことでも書けばいいんだぜ。アフィリエイトで一儲けしなくちゃならないし、などと貧乏性をむきだしにしながらセレクトした映画はこちら


明日に向って撃て! (特別編) (ベストヒット・セレクション)明日に向って撃て! (特別編) (ベストヒット・セレクション)
(2007/10/24)
ポール・ニューマン

商品詳細を見る


 記念すべき馬面映画館映画評第一号です。

 で、さらに普通の人ならこういった場合には恐らく自分の一番好きな映画をセレクトするんでしょうが、私はこの映画好きながらも一番好き!というところまでは残念ながら行かない映画であり、そういうちょっと中途半端な人選は選ばれたほうも傷つくモンなんだよな、などと苦悩の狭間で揺れたりもしながらこの映画について考えてみると・・・



(あらすじ)西部で名を馳せた壁の穴強盗団のブッチ(ポール・ニューマン)とサンダンス(ロバート・レッドフォード)の二人は、往路と復路の二回、同じ現金輸送列車を襲撃する事を計画する。ところが、銀行が雇った凄腕の追跡者に追われた二人は逃亡の末ボリビアへ・・・


 時は1969年、アメリカン・ニュー・シネマというものがしきりにもてはやされた時代にこの映画は製作されました。アメリカン・ニュー・シネマってのが何だかいまだに良くわからない私なのですが、藤沢有燐堂で立ち読みした映画雑誌に「明日に向かって撃て!こそがアメリカンニューシネマだ!」と書いてあったことにコロッと騙されすっかり洗脳された私はその日の帰り道、当時家の近所に出来たばかりのレンタルビデオ店にこの映画を借りに行ったのでした。
 う~ん、衝撃を受けましたね。青い空の映し方、極端に少ないながらも印象的な音楽。そして救いようのないラスト。これがアメリカン・ニュー・シネマか。←理解不十分のまま今に至る。

 この映画は実在の銀行強盗、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの逃避行を中心とした物語です。なので主人公はこの二人なのですが、この物語には実はこの二人のほかにも重要な登場人物がいます。それは誰か?ヒロインを演じるキャサリン・ロス。ではありません。この二人を追い詰めるために銀行から雇われた凄腕の刺客、麦藁帽子を被ったレフォードこそがこの映画の影の主役です。

 この映画におけるレフォードの存在感は群を抜きます。レフォードは一度も顔を見せません。しかしながら影となり、常に近くに、着実に二人を追い詰めます。形のない形として圧倒的にそこに存在し、二人の逃避行に恐怖感を色づけます。しかしながら、これだけの恐怖感を植えつけながらも、不快感を全く感じないのがこのレフォードという役の特筆すべき点だと思います。未見の方は必見です。

 ところで、どんな人にも好きな映画の中には好きなシーンというものがあるかとは思うのですが、この馬面映画館、私の独断と偏見で取り上げる映画の中の一番好きなシーンを上げていきたいと思っている訳です。


 で、この「明日に向かって撃て!」の中で私が一番好きなシーンは



凄腕の刺客レフォードが登場する前にレフォードの乗った機関車の汽笛が『ピーッ!』と鳴るシーン」です。

 恐らくこの映画を観た殆どの人がそうだと思います。「細かすぎて忘れた」とは言わせません。

 ともあれ、もしこの記事を読んでお気に召されたなら、是非一度ご観覧を。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

このブログの趣旨
 非常に寒い日が続いていますね。皆さん、風邪など引いていないでしょうか。はじめまして、馬面と申します。


 さて、実は私、つまらない日常ながらもしこしこと生活を書き溜めているブログを持っていたりするわけなのですが、そこで映画評だの書評だのを書くと誰もコメントをくれなかったりします。ブログなんか書いているだけに自己顕示欲の強い私はこれを非常に問題視しました。何故誰もコメントをくれないんだ。何故俺がいいって言う映画をみんな見てくれないんだ。

 コメントが来なかった理由を自分の書いた映画評や書評のレベルがあまりに低かったから誰も相手にしてくれなかった、という根源的な点を問題とは考えなかった私は、「これは一つ新しく映画評、書評専用のブログを立ち上げよう!」などと浅はかな考えを持つに到ったわけです。


 それで、このブログについてですが・・・


①基本的に私は映画を見る際、脳を使いません。ではどこで見るのかというと延髄から椎間板の間くらいの空間を使って映画を見ます。なので、私が「面白い」と断言した映画には説得力のある理由はありません。面白いものは面白いのです。「面白い理由が説明できないんだろ!」などと急所を突いてきては絶対にダメです。

②多分にネタばれありです。

③私は将来的にアフィリエイトだけで食っていく事を夢見ています。だから、このブログを見に来ていただいたスットコドッコイな皆さんはアフィリエイトプログラムにどんどん参加して私の私腹をたんまりと肥やしてください。もうどんどん肥やしてください。




  というスタンスのもと、ゆっくりと記事を書き溜めていく所存です。コメントなんかいただけたら泣いて喜んじゃいますので、「祝!童貞卒業!」とかいうものではない皆さんのコメント、お待ちいたしております。

テーマ:なんとなく映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。