馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
96時間
333828_01_13_02.jpg96時間

監督  ピエール・モレル
製作 リュック・ベッソン
出演 リーアム・ニーソン ファムケ・ヤンセン


(あらすじ)17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む…


 こんなお義父さんは嫌だ。


 何しろ娘役のマギー・グレイスさんはさして魅力的でもないのですが、そんな魅力的でもない娘を嫁に貰おうなんて思ったときにこんな親父が出てきたらたまったモンじゃありません。普通は逃げます。多分この子は一生お嫁にいけない。雛人形を飾りっぱなしにするなんて比較にならないくらいの割合でこの子はお嫁にいけない。それくらいこのオヤジは恐ろしいです。


 作中に「エッフェル塔もぶっ壊す。」みたいな台詞が出てきましたが、多分撮影許可が下りたならばこの人はエッフェル塔ぶっ壊していたんじゃないかと思います。もうね、圧倒です。


 で、お話の内容ってのもそんな感じで、ストーリーはあってないようなもので、「強い男を暴れさせるために」無理して作ったようなお話しです。さすがリュック・ベッソンです。


 しかし、これだけ無茶して人も殺して娘と一緒に帰国してくるってのはどうしてもいただけない。



 この映画の好きなシーン

 好きなシーンではありませんが、オヤジが命がけで救おうとしている娘が結構なバカ娘である点については結構痺れさせられます。


 しかしリーアム・ニーソン強すぎです。新たなアメリカンヒーローの出現です。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。