馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬面映画館、閉館の知らせ
 皆さん大変にご無沙汰しております。ご無沙汰すぎて恐縮です。馬面です。

 さて、今回の記事は表題の通りです…

 ブログ開設当時は「映画のブログならいくらだって書けるわい。」なんて自信たっぷりだったのですが、実は私見た映画を片っ端から忘れるという特技の持ち主であることがこのブログを通じて判明いたしました。なので、かつては年間200本近く映画を見たこともあったのですがそれに費やした費用は全てムダ、という悲しい結果に相成りました。記憶がないから、当然記事も書けない。

 まあ、上記のこともこのブログ閉鎖の一因ではあるのですが…


 ブログを書くにはかなりな時間と労力も必要だ、ということも分かってきました。要するに、映画を見て、感動しても、それを文章にする時間というのが必要であり、今の自分にはそこまでの時間はない。

 そんなわけで、この度、閉鎖を決意いたしました。このブログに足しげく通っていただいた皆様には大変申し訳なく思いますが、兄弟ブログというか本家というか、馬面帝国のほうは細々と続けていく所存です。こちらに時折映画評なんぞ書いたりするかもしれません。皆様方の来年以降のご発展を祈念しつつ、お別れとさせていただきます。

 本当に皆さん、ありがとうございました。


 最後に恒例、このブログで好きな記事。

 少林少女の記事になぜあんなに拍手がついたのか、未だに理解できない。

 それでは皆さん、よいお年を。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。