馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7つの贈り物
332665view001.jpg7つの贈り物


監督 ガブリエレ・ムッチーノ
出演 ウィル・スミス ロザリオ・ドーソン


(あらすじ)過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のためには、その7人でなければならない特別な理由があった……


 ウィル・スミスっていう人はどうもやたらと犬に好かれる人みたいです。


 たとえば、この人が出演したアイ・アム・レジェンドという映画には、サムという名の犬が登場します。犬の正式名称はサマンサ。人類が滅んでしまった後の世界の、ウィル・スミスのたった一人(一匹?)の友達です。


 で、このサムがガタイのいい屈強なシェパードなんですが、実によくウィル・スミスになついているんですよ。ウィルさんが廃墟に向かってゴルフの打ちっ放ししている横にお行儀よく座っているサムはかわいい以外の何物でもない。


 そしてこの物語。ロザリオ・ドーソンは犬を飼っています。それでその犬がグレート・デーン。「アイ・アム…」に比べ二回りくらいでかくなっています。でもちゃんとウィル・スミスにはなついちゃう。不思議。



 次は馬かな?



 そんな事はさておきこの作品の中身のほうに目を移しますと、前半は何をやっているのか全く分からないのですが、話が後半に差し掛かった頃から話の内容がラストまで一気に全部読めてしまう、という非常に極端な作りになっています。そういった意味ではこの映画から感動を受けるのは難しいと思われます。まあ、いいお話ですけど。美談ですけど。



 この映画の好きなシーン

 ウィル・スミスとロザリオ・ドーソンが踊るシーンはなかなかしゃれてて好きだ。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。