馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
許されざる者
許されざる者 [DVD]許されざる者 [DVD]
(2000/04/21)
クリント・イーストウッドジーン・ハックマン

商品詳細を見る



(あらすじ)荒事からは足を洗っていたウィリアム・マニーの元へ若いガンマンが訪れる。娼婦に傷を負わせ賞金をかけられた無法者を追うためだ。マニーのかつての相棒ネッドを加えた3人は追跡行に出かけるが、その頃、町の実力者の保安官ビルは疎ましい賞金稼ぎたちを袋叩きにしているところだった。やがてビルの暴力が黒人であるネッドにも及んだ……


 チェンジリングがクリント・イーストウッドの作品であったことから、今回はその繋がりでこの映画。



 実は私、この映画を見た頃は



 「クリント・イーストウッドはバカだ!」


と思っていました。


 理由は、その昔何かのテレビ番組で(多分ウルトラクイズです。たけしが出ないほうの)イーストウッドが警官の適性訓練を受けたら不合格だった、というエピソードを見たからです。適正訓練って言っても何のことはなく、まあよくゲームセンターにおいてある射撃ゲームがあると思うんですが、あれで登場する人間を敵味方関係なく全部撃ち殺してしまった、みたいなお話でした。ただ、それを聞いた私は「ダーティーハリー=乱暴者=バカ」みたいな図式を頭の中に作り上げてしまったわけです。


 ああ、イーストウッドってバカなんだ…


 敵も味方もないんだ…


 だから、この映画がアカデミー賞にノミネートされているのを見たときには驚きました。何とバカの映画が映画の祭典でグランプリ候補にノミネートされている。ああ、アメリカ人ってバ(以下略)


 そしてなおかつこの映画の評判がたいそういいわけなんです。「許されざる者はいい映画だね、是非アカデミーを取らせてあげたいね。」などとのたまうヒョウロクダマ、もとい評論家がいっぱいいたわけです。ああ、評論家ってバ(ry)


 で、そうこうしている内にこの映画、本当にアカデミーの作品賞を取ってしまったんです。


 あらら、アカデミー取っちゃったよ。それじゃ仕方ない。俺も見てみるか。そんな感じでこの映画を鑑賞した私ですが、この映画の圧倒的な完成度を目にして私はこう思いました。



 
 ああ、バカってのは俺なんだ…




 この映画の好きなシーン

 オープニングとエンディングの美しさを、私は文字で表すことが出来ません。気になったら必見!!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
僕、この映画を観終わって、
「許しとけ」ってつぶやきました。
2009/03/12(木) 21:23:03 | URL | KazN #-[ 編集]
>>KazNさん
実は私も許さないのは誰なのかは今だにわかりません。
2009/03/13(金) 19:09:40 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。