馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コールガール
コールガール [DVD]コールガール [DVD]
(2008/01/25)
ジェーン・フォンダドナルド・サザーランド

商品詳細を見る



(あらすじ)ペンシルヴァニアの研究所の科学者が突如失踪し数ヶ月。彼を探しにNYに派遣された同僚のクルート(サザーランド)は、彼がコールガールに宛てた卑猥な手紙だけを頼りに独自の調査を始める。受取人の友人で売れっ子のコールガール、ブリー(フォンダ)に協力を請うがつれなくされ、クルートは彼女を監視することに。ひたすらみつめるうち、恋の芽生えを意識する彼の心は、やがて、愛に不寛容な彼女を優しく包みこみ、二人は一致して事件の解決に取り掛かる…


 かなり時間は経つものの前回の許されざる者の続きなんですが、私はクリント・イーストウッドの映画が大好きなわけです。

 で、前回書いたように監督作品として一番好きなのは「許されざる者」なんですが、じゃあただ単にクリント・イーストウッド出演作の中では何がすきなのよ?と問われれば多分「ガントレット」なんだと思います。随分昔に見た映画なんで細かい内容は忘れてしまったところもあるわけなんですが。


 しかしながらこいつはいい機会、久しぶりにガントレット見て、ついでにブログの記事にもしてしまえ、名事を考えながら近所のツタヤにふらりと立ち寄り、ガントレットを探したわけなんです。



 ねえの。


 
 ないんですガントレット。どこにも。新聞の隅にも、桜木町にも。


 ただ、リアル店舗にはどこにもないんですが、さすがにツタヤオンラインにはありました。要するにそういうことなんですね。中途半端に昔の、なおかつ名作とまではよばれない映画を、散歩がてらふらっと立ち寄ったツタヤで偶然に見つけて借りて帰って感動する、ということはいまや全く起こりえない事象で、どこかで確固たる情報を仕入れてネットで見付けださないとこういう映画は見られない、つまり普通に考えたらガントレットみたいな映画が日の目を浴びることはもうない、ということでもあるんですね。悲しい悲しい。


 で、何で今回、ガントレットではなくコールガールなのか、ということなんですが、


 要するに覚えてないんですよ、ガントレット。でもツタヤにはないんですよ。悲しい悲しい。


 じゃあ、コールガールはどれくらい覚えているのかというと、



 昔の会社の同僚がドナルド・サザーランドそっくりだった。



 ということはきっちり覚えてる。


 この映画の好きなシーン


 ベットに横たわるジェーン・フォンダにドナルド・サザーランドがキスするまでのまどろっこしい間。


 です。


 要するに僕は、「男が女を命がけで守る。」というお話が好きなんですよ。自分にそんな甲斐性はないけれど。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。