馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オースティン・パワーズ
オースティン・パワーズ [DVD]オースティン・パワーズ [DVD]
(1999/03/17)
マイク・マイヤーズ

商品詳細を見る



(あらすじ)1967年。英国諜報部員オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)は、ラスヴェガスの地下の秘密基地で世界征服を企む悪の帝王ドクター・イーヴル(マイヤーズ=二役)を追い詰めるが、イーヴルは自ら冷凍睡眠に入ってロケットで脱出。負けじと対抗してパワーズも冷凍睡眠。30年後。97年。復活したドクター・イーヴルは、片腕のナンバー・ツー(ロバート・ワグナー)ら手下を使い、核弾頭を奪取して地下から地球を破壊しようという、新たな世界征服のシナリオ、バルカン計画をすすめる。


 前回、ベッドタイム・ストーリーを見たときに登場した金髪美女(テリーサ・パーマー)がやたら可愛かったということを書いたので今回はその関連でこの作品。

 この作品に登場する美女はエリザベス・ハーレーです。この映画を見るまでこの人のことは全く知らず、したがってこの映画で初見ということになりましたが、正直びっくりしました。



可愛いじゃないかい!!


 今にして思うとこの人が綺麗だと思うのももしかしてどうにかしていたのかもしれないという部分が無きにしも非ずといったところなんですが、とにかく当時の私はそう思いました。その辺のマネキンよりよっぽど整った顔をしている。少なくともロッキーでエイドリアンを演じたタリア・シャイアより綺麗な気がする。声だってエイドリアンの吹き替えは松金よね子さんだったではないか。こういう人をハリウッドはもっともっと使うべきではないのか。


 その後映画を見進めていくうちに、ハリウッドには一瞬ならとんでもなく綺麗な人が腐るほどいる、ということに気がつくのですが、それを考えるとニコール・キッドマンみたいに綺麗をずっと押し通せる人は偉い。



 この映画の好きなシーン

 エンディングです。綺麗なエリザベス・ハーレーを堪能できます。


 しかし、この映画にあらすじがあったとは知らなかった。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。