馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーン・アフター・リーディング
331863_100x100_001.jpgバーン・アフター・リーディング

監督 コーエン兄弟
出演 ジョージ・クルーニー ブラッド・ピット フランシス・マクドーマンド


(あらすじ)CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一方、オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官ハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中で……


 さてさて、みんな大好きコーエン兄弟の新作です。

 
 などと思って見に行き、さて感想でも書こうかね、と思ったしだいなのですが、ネット上でこの映画の評判が想像以上に悪く、何だかこの映画の評が書きにくくなってしまったので代わりに映画館の文句を一つ。


 今回私は横浜の高島にある映画館に行った訳なんですが、その映画館の階下に何だかちょっといけてるにおいのするフードコートを発見し、さらにそのフードコートに生ビールを発見してしまったことから当然のようにちょっと一杯、と相成ったわけです。生中に500円出して。


 そしたらそこの生中、ジョッキの4割くらいが泡なんですよ、泡。


 ふざけるんじゃねえ!!


 で、何でこんなこと書いているのかというと、この映画に対する私の感想がちょっと微妙だからです。要するにこの映画の感想は書きにくい。


 まあもっと言いましょう。何だか多くの人が「この映画はつまらん!」と憤慨している中、実は私、この映画結構面白かったんです。


 「お前はこの映画の何が面白かったんだ?」といわれても、語彙の脆弱な私は皆さんを納得させる表現は持ちません。大変にずるい話ですが「なんか面白かった。」というのが言葉に出来る限界です。ただ、多くの「この映画がつまらない。」といっている人たちの言の中に「感動できなかった。」という言葉があるのを見て私はこう思います。


 感動するだけが映画じゃねえだろ。


 コーエン兄弟のものだから感動できなければいけない、そう思っている人は多いような気がします。果たしてそうなのか?ビグ・リボウスキはみれば見るほど感動する映画なのか?ファーゴを見て「感動した。」と言っちゃうほうがおかしいのではないか?


 という訳で、「赤ちゃん泥棒」と「ディボース・ショウ」がコーエン兄弟の最高傑作だと信じて疑わない私にとっては、この映画名作です。



 この映画の好きなシーン

ブラピよりもフランシス・マクドーマンドが馬鹿に思えて仕方がない。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
「なんか面白かった」
最高じゃないですか!
これを覆す反論はそうは無いですよ。

「生理的に嫌い」と同等の破壊力ですよ。
2009/04/27(月) 21:52:06 | URL | KazN #-[ 編集]
>>KazNさん
コメ有難うございます。

「生理的に嫌い」凄いですねえ。正面気っていわれたことは幸いまだありませんが、きっとどこかで囁かれている筈です。
2009/04/28(火) 06:44:33 | URL | 馬面 #-[ 編集]
お久しぶりです。
早いですねぇ。もう観たんですか。
人が何と言おうと、好きなものは好き。面白いものは面白いんです。
あの批評家がこう言っていたから・・・とかそんなの糞食らえですね。
ちなみに私の好きな映画は得てして評判が悪いものが多いです。
2009/05/01(金) 14:12:38 | URL | リカー子 #-[ 編集]
>>リカー子さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

私の好きな映画は総じて「評判がたたない」というものが多いです。つまりアングラ。箸にも棒にも・・・何て事は考えた事もないです。
2009/05/02(土) 08:44:56 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。