馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンズ・ラビリンス
パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
(2008/03/26)
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ

商品詳細を見る



監督 ギレルモ・デル・トロ
出演 イヴァナ・バケロ セルジ・ロペス


(あらすじ)1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り出す。オフェリアが屋敷の近くに不思議な迷宮を見つけ出して足を踏み入れると、迷宮の守護神が現われ彼女に危険な試練を与える…


 さてさて各地で非常に評判の高いこの作品。監督のギレルモ・デル・トロが「私はモンスターの出ない作品は作らない」と公言していることもあり、怪獣好きの馬面としてはぜひとも見なければならないと思っていたところなのですが、この映画をレンタルで借りて視聴しようとするとパソコンがフリーズすること5回(私は映画のDVDはパソコンで見ています)、何だか超常現象に支配されたいわくつきの映画なのです。


 で、6回目の観賞にしてようやくDVD完走。で、感想。


 パンって気持ち悪いよな。

 
 人間の形相をした義父よりも妊娠により人間らしさを失っていく母よりもパンを信じてしまったオフェリアの置かれていた境遇とか心境といったこのお話の核心に迫る部分はまあ置いといて、パンってのはどんな人(神)だかちょっと見てみましょう。


 シューリンクス(Συριγξ、Syrinx)はアルカディアの野に住む美しいニンフだった。ある日狩りから彼女が帰ってくると、パーンに会った。彼女はパーンのお世辞を聞かずに逃げ出したが、パーンは川の土手まで追いかけて行って彼女を捕えた。水中のニンフに助けを求める余裕しかなく、パーンが手を触れた時、彼女は川辺の葦になった。

 エーコー(Ηχω、Ekho)は歌と踊りの上手なニンフであり、全ての男の愛情を軽蔑していた。好色な神であるパーンはこれに腹をたて、信者に彼女を殺させた。エーコーはバラバラにされ、世界中に散らばった。大地の女神ガイアがエーコーの肉片を受け取り、今もエーコーの声は他の者が話した最後の数語を繰り返している。

 パーンはピテュス(Πιτυς、Pitys)というニンフにも惚れた。ピテュスは彼から逃げようと松の木になった。





 パンはどうやら変質者です。


 そんなパンの迷宮での三つの仕事はやはりキナ臭いものが多いです。妖精なんか食われちゃうし、かえるはグロいです。話のラストも現実には報われないものです。でも、何だか面白い、好きになってしまう話になっているというのはなんでなんだろう。不思議なものです。




 この映画の好きなシーン


 好きなシーンというわけではないのですが上記に書いたような都合から、



 ナナフシがオフェリアを案内するシーンは6回ほど見てます。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです♪
この映画すごく好きです♪
ファンタジーってなかなかいいものに出会えず、久々にヒット!!って感じでした!!
でも、絶対子供には見せちゃダメ~~!!って感じですね(笑)
2009/07/06(月) 13:56:12 | URL | のんのん36 #-[ 編集]
>>のんのん36さん
お久しぶりです。覚えておいて頂いて何よりです。

私もこの映画好きです、ファンタジーの中に18禁の要素を持ち込むあたりグリム童話の香りもしてとってもいいです。いい映画です。怖いですけど。

コメント有難うございました。
2009/07/06(月) 20:41:51 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。