馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノウイング
333520_100x100_001.jpgノウイング


監督 アレックス・ブロヤス
出演 ニコラス・ケイジ ローズ・バーン


(あらすじ)50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてきた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予知するものだった…


 世紀末なのだ!!


 という訳で、今日の馬面映画館はネタばれあり(いつもどおり)でお送りしますが…


 なぜ冒頭に世紀末などと書いたか?と申しますと、最近こういう映画がふえてきたからに他なりません。たとえば、非常に似た内容の映画で考えれば「地球が静止する日」。系統として似ていると思えるのが「ハプニング」。


 映画のテーマの奥に「人類は滅ぶのではないのか?」というものが隠されている映画が多いような気がします。


 ただ、そういった世紀末思考的な映画が着々と増えている中、実際に人類が滅亡してしまう映画はそうそう無く、そういう意味ではこの映画は猿の惑星以来の衝撃を視聴者に与えた、といっても過言ではありますまい。

 実際、「地球が静止する日」を見たときには、「何で人類を滅亡させないのか!」などと書いていた私でさえ、地球が滅亡する映像を実際に見せつけられた時はあまり気持ちはよくなかったです。CGがリアルなだけに変に臨場感があるし。

 映画の出来としてはまあ何とも言いがたいんですが、この映画は時々妙に気味が悪い映像を見せてくれたりして、たとえば自分の部屋でケイレブが紙に数式を書き始めるシーンは、私は久しぶりに映画を見て鳥肌が立つのを感じました。何というか楽しいとか、怖いとかそういう映画ではないんですが、時々やたらと気味の悪い映画、というのが私のこの映画の感想です。



 で、そんなこの映画の好きなシーン

 ニコラス・ケイジがウィスキーを飲みまくるところ。


 
 しかし旨そうに飲むよな。才能だな才能。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
初めまして。
はじめまして。
何度かお邪魔させて頂いてます。

私も映画が大好きなのですが、なかなか感想がうまく書けず・・・。
又、映画を観る際の参考にもさせて頂いております。

これからも拝見させて頂きます。
よろしくお願いします。
2009/07/19(日) 15:08:15 | URL | ひまわり #llOsW3ec[ 編集]
>>ひまわりさん
いらっしゃいませ。場末のブログへようこそ。

私も何度かこっそりとお邪魔させていただいています。踊るスパイダーマンが脳裏から離れないです。有難うございます。

ところで、映画を見る際に参考にしていただいているとの事なのですが、恐らくそれは間違いだと思ったりもするのですが、今後も参考となるべく当てにならない記事を書き続ける所存です。よろしくお願いします。

なお、最後に、このブログを訪れてくださった方には皆さん遍く漏れなく「スットコドッコイ」の称号をお持ち帰りいただいています。よろしければひまわりさんもお持ち帰りください。

コメント有難うございました。
2009/07/21(火) 00:06:06 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。