馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠し砦の三悪人
隠し砦の三悪人<普及版>隠し砦の三悪人<普及版>
(2007/11/09)
三船敏郎;上原美佐;千秋実;藤原釜足

商品詳細を見る



 先日、「椿三十郎」が織田裕二主演でリメイクされた事に引き続き、今度はこの「隠し砦の三悪人」がリメイクされるそうです。私は好きな黒澤映画を三本選べといわれたら、「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」と「どですかでん」なのですが、最後の「どですかでん」だけは絶対にリメイクされそうにない安堵感があります。何故だろう?


 さて、そんな事より今回はこの「隠し砦の三悪人」です。リメイク版に当たっては、松本潤が「武蔵」なる訳の分からんキャラクターを演ずるなど、全く持って期待できそうにないので、ここで紹介するのは当然ながら黒澤版「隠し砦の三悪人」です。


(あらすじ)戦国時代のある地方、山名家に敗れた秋月家の武将・真壁六郎太は、雪姫を擁して、お家再興のための軍資金の黄金と共に、隠し砦にこもった。
六郎太は、砦近くの沢で軍資金を盗もうと不審な行動をしていた、百姓の太平と又七を問い詰める。そして彼らが苦し紛れに口にした方法を利用し、二人の欲に付け入って黄金を背負わせ、雪姫の身を守りながらも敵地を通って、友好国の早川領へ抜ける方策へ発展させる事にした。
途中、男まさりの勝気な気性の雪姫の機嫌を損ねることなく、不平不満を言い逃亡も図る二人を脅しすかし、国境の関所を通過。
だが六郎太の前に、山名の侍大将でかつての盟友・田所兵衛が立ちふさがる。



 私事で恐縮ですが、実は少しばかり山登りなどしております。まだまだ夏山専門のヒヨッコでして、人様に「山登ってるんじゃい!」などと言える様な分際ではないのですが、それでも少しでも登っていると、山登りの難所ってのは少しずつ見えてくるわけです。急なガレ場ってのは結構大変なんだよ、というのが分かってくるわけです。


 で、黒澤監督ですが、この急なガレ場を草履履きで駆け上がれと役者さんに命じたりしています。上がれと言われた千秋実さんと藤原釜足さんには同情を禁じ得ないのですが、「用心棒」の中では後の副将軍にあらせられる東野英治郎さんを軒先からぐるぐる巻きにしてぶら下げたりしているあたり、藤原釜足とか水戸光圀とかいった権力的な名前が嫌いなアナーキーな方だったのかもしれません。


 いずれにせよ、役者さんってのは大変だな、と思うわけです。



 主人公の三船敏郎さんだって大変です。見せ場のシーンの一つとして、「走っている馬の上で両手を離して刀を振り上げる」というのがあるのですが、こんなのだって命がけです。でも、そんな命がけのシーンに命をかけて挑むからこの映画には言い得ない迫力がある。素晴しい。



 リメイクの「隠し砦」ではどんな命がけのシーンを見せてくれるのでしょうか。


この映画の好きなシーン

 上に揚げた「六郎太が山名の兵をぶった切るシーン」もいいのですが、私は地味ながらも、映画の序盤の六郎太の放つこの台詞が気に入っています。







  「妹めが、お役に立ちました。」 




 ん~、戦国ってのは大変だったんだな。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。