馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイアン・ジャイアント
アイアン・ジャイアント 特別版アイアン・ジャイアント 特別版
(2007/12/07)
ジェニファー・アニストン、ハリー・コニック・Jr. 他

商品詳細を見る



(あらすじ)1957年10月、ソ連の人工衛星スプートニクに全米が揺れた頃のこと。嵐の夜、宇宙から巨大ロボット(声=ヴィン・ディーゼル)が落下した。メイン州で未亡人の母アニー(声=ジェニファー・アニストン)とふたり暮らしの9歳の少年ホーガース(声=イーライ・マリエンタール)は、森の中でこの巨大ロボットと出会う・・・



 もうね、泣きたい時にはこれですよ、これ。もうだだ泣きですよ。



 その昔、後輩のT君とスノボに行った時の事。スノボの車内なんてのは暇と相場が決まっています。非常にのび太君なT君は私の運転する車では決まって熟睡します。後輩のくせに。一度など、お正月の苗場からの帰り道、大渋滞の関越道で7時間眠り続けた事もあります。後輩のくせに。



 一人7時間、ステアリングを握り続けた私はこの事態を非常に重く見ました。俺が7時間も運転している間、こいつは何をやっているんだ!こいつも起こしておくべきじゃないのか?


 
 そんな時にナビを取り付けたのですが、偶然と言うか運よくというか安価でDVDプレイヤー機能付のナビが手に入りました。むむ、長時間のドライブのときに、これで映画でも流しておけば同乗者は寝ないのかも知れん。


 そのしばらく後、偶然T君と休みが重なる事があり、「先輩、山行きましょうよ。」との誘いもあってT君とスノボに行った時、この映画を見てみることにしました。


 結果として早朝の関越道、男二人でボロ泣き。運転手(私)涙で前見えず。超危険。



 まあね、運転中に映画見るのも危ないから、私は前もってこの映画見ておいたんですよ。んで、そのときにいいだけボロ泣きしたんですけど、二回目もダメでしたね。画面見てないんだけど、台詞だけで泣いちゃう。もうダメ。





 ちなみにT君は、「エロビデオでも買おっかな~?」などと下心満載で入ったビデオショップでこの映画を350円で発見し、いたたまれずに買って帰って家で見て号泣したそうです。ふん、エロめ。後輩のくせに。


この映画の好きなシーン

 そりゃもう「スーパーマーン!」ですよ。




 純粋な気持ちで見て下さい。単純な話ですが、泣けます。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。