馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最速のインディアン
世界最速のインディアン スタンダード・エディション世界最速のインディアン スタンダード・エディション
(2007/07/27)
アンソニー・ホプキンス、クリス・ローファード 他

商品詳細を見る



(あらすじ)ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦すること。年金暮しの彼は倹約に励み、隣家の少年(アーロン・マーフィー)の協力も得て廃品を利用してバイクの改良を試みるが、なかなか渡航費まで手が届かない。

 はた迷惑な人、というのが世の中には存在します。


 この映画は、はた迷惑なおじいさん、バート・マンローのお話です。1900年代初頭、100メートル走を10秒台で走りながらも無名のままこの世を去った先住民、クオナッブ・ルイス・タデウ(仮名)の話ではありません。インディアンというのはこの迷惑爺さん、バート・マンローが駆るバイクの名前です。


 爺さん、年金暮らしでバイクの改造に精を出し、隣近所の迷惑を顧みずに騒音を発し、暴走族と賭けレースを繰り広げ、ロクな装備もないままトレーラーで行動を走り、アポなしで大会に参加します。う~ん、迷惑。そしてその熱意にほだされたアメリカ人たちは爺さんにレースを走らせます。アバウト。大いにアバウト。アメリカは今に滅ぶに違いない。きっと食料庫に保管していた小麦粉を全部ネズミに食われちゃったとか、そういう物凄くずさんな形で滅ぶに違いない。


 しかしながらマンロー爺さんにはそんな事は関係ないです。己が道を突き進みます。結果的に自分は大いに満足します。他人にも感動を与えます。要するにこの映画が言いたかったことは「我がままだったり、気を使わなかったり、空気を読まなかったりするほうが周りにも、自分にもいい影響を与える。」ということなんですね。ん、なんか元気が出てきた。よし、明日はあのむかつくクレーマーをぶん殴ってやる!上司も殴るぞ~!


この映画の好きなシーン

賭けレースでしょう。誰がなんと言っても。




この映画を見て「俺も人生棒に振る!」と決意したい人は必見!!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。