馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮫肌男と桃尻女
鮫肌男と桃尻女鮫肌男と桃尻女
(2000/03/31)
浅野忠信、小日向しえ 他

商品詳細を見る



(あらすじ)叔父の経営するホテルで働くトシコ。偏執的な叔父に嫌気がさしていた彼女は、ある日ホテルを飛び出す。そんな彼女の前に、獣道からひとりの男がパンツ一丁で飛び出してきた。その男・鮫肌は、組織の金を持ち出し、ヤクザから追われる身。そんな彼に惹かれたトシコは、彼とともにあてのない逃避行へ誘われる。


 話の内容については面白いんだか何だかわかりません。


 この映画の真髄は、「オープニング」にあると思います。


 この映画のオープニングのスタイリッシュな映像は、見る人を思わず惹きつけます。次から次へと現れる魅力的な登場人物たち。カッコいいです。


 そんな登場人物たちの中には、本編よりもオープニングの出番のほうが長かったのでは?くらいな人たちもいて、要するにそれくらいじゃんじゃか人が死んでいくわけですが、そんな中、意外な人物が物凄く強かったりするのも面白かったりします。


 しかし、小日向しえはいいな。ココリコの嫁さんとは思いたくない。



 この映画の好きなシーン


 もう書きましたがオープニングです。このオープニングがあれば本編が要らないぞ、くらいにカッコいい。



 レンタルから借りても見る時間がなくて返さなきゃいけない、なんて場合もとりあえずオープニングだけは見ておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。