馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うた魂♪



(あらすじ)高校女子合唱部のかすみは、歌っている自分が大好き。ある日、イケメン生徒会長から「歌っている君を写真に撮りたい」と言われ、自分が好きなんだと有頂天になる。しかし、出来上がった写真を見て大ショック。歌っている自分がこんな顔だったなんて。生徒会新聞にその写真が大きく使われ、悲しみと自信喪失で合唱部を辞めると言い出す。しかし、かすみのやる気のない態度に、ヤンキー高校の合唱部から文句をつけに来た男がいた…。


 昔は、ゴリみたいな高校生は本当にいたモンです。怖い怖い。



 そんなことはどうでもいいのですが、多くの人が情熱を傾けているものには何かしらの魅力があります。その魅力にスポットを当てると意外に感動が見つかるのです。それは男子が行うシンクロナイズドスイミングであったり、女子高生が行うジャズバンドだったり・・・


 で、この映画は合唱です。合唱の世界にも多くの人がおり、それゆえ奥も深い。奥深いものを掘り下げていくと当然そこには感動が待っています。この映画のいうとおり、合唱中の人の顔は確かに滑稽に見えたりもしますが、合唱の持つ奥深さに比べればそんなのは大した問題じゃない。人が一生懸命やっている顔をつべこべ言うやつは、いつまでもダサいのです。






thum_386.jpg




 ダサいのです。



 この映画の好きなシーン

 ラストシーン、出演者達は恐らく本当に涙を流しています。必見です。



 「永田の顔で笑えないんなら俺はダサいままでいい。」というあなたも映画館へGo!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
真剣に何かに取り組んでいる人の顔を馬鹿にするその行為自体が恥ずかしいことだと思います。
そんな顔のことなんか気にならないほど
没頭することが出来る人は幸せですよね。
2008/04/17(木) 15:45:24 | URL | 咲太郎 #7ScjOPVQ[ 編集]
>>咲太郎さん
いらっしゃいませ。場末のブログへようこそ。

ここは私の垂れ流しになっており、中には不愉快な表現、不適切な表現もあるかとは思います。掲示に不適切なものがあれば御教示いただければ幸いです。

いずれにせよ、今後ともご愛顧いただければありがたく思います。
2008/04/18(金) 08:37:43 | URL | 馬面 #qjsITxmk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。