馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喜劇王
喜劇王喜劇王
(2001/04/25)
チャウ・シンチー、カレン・モク 他

商品詳細を見る



(あらすじ)さえない役者・ワンは、理論ばかり先立ちエキストラさえもなれなかった。演劇への思いは人一倍なのに、今日も他のエキストラに仕事を持っていかれてしまった。そんなワンは、管理人をしている公民館に手作りの舞台を作った。そこに、ホステスのピュウピュウが演技を習いにきた。いつしか2人は惹かれあうように。そんな時、ワンの演技がスター女優の目に留まった…。


 私は柔道なんぞをやっています。なので、腹心の後輩には事欠きません。

 先日、アイアン・ジャイアントの回で紹介したT君もその一人です。車の中で先輩を差し置いて7時間眠り続ける彼です。そんなT君と二人で飲みに行った時の事、一杯250円の焼酎でへべれけに酔っ払った我々は、近所にあったレンタルビデオ「ウェアハウス」に足を運んだのでした。


 さて、何を借りるかね~、などと思いながらビデオを物色していると、入店早々にエロビコーナーに消えていったT君がこちらに向かってくるのが見えました。右手にエロビを抱えたT君は、私に向かってこういいました。「先輩、なんかいい映画ないっすかね~?」


 彼はどうやらエロビデオだけを借りる事が出来ない人間のようです。


 そこで私はすかさずこの「喜劇王」を推薦いたしました。当時は少林サッカーが大流行しており、松林サッカーをみたT君が「いや~面白かったっすよ、少林サッカー。先輩も見てくださいよ。」といっていたのを思い出したからです。馬鹿モン、お前に言われなくとも俺は映画館の封切で見とるわい。いいから黙って喜劇王見とけ。


 3日後・・・


 職場で顔を合わせる機会があったため、私はT君に聞いてみました。どうだった?喜劇王。面白かったろ?


 するとT君、こう答えました。


 「何すか?あの糞映画は?」


 私がT君をグーで殴ったのは言うまでもない。


 この映画の好きなシーン

 セシリア・チャンの「負けたわ!」なんか最高なんだけど、T君には伝わらなかったようです。



 おかげさまで人にお薦めする自信はないのですが、「金と時間が余ってるよ!」な方はどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。