馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜘蛛巣城
蜘蛛巣城<普及版>蜘蛛巣城<普及版>
(2007/11/09)
三船敏郎;山田五十鈴;千秋実;志村喬

商品詳細を見る



(あらすじ)戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春が家臣の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時と二の砦の三木義明が敵を破ったと報じる。喜んだ国春に召された武時と義明は蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入る。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進む二人の前に一人の老婆が現れ、驚く二人に対し「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をする。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられる。

 
 見てないのでなんともいえないけれど、「隠し砦の三悪人」どうやら散々な出来のようです。だったら本家本元、黒澤明の映画評を書こうではないか!


 なんですが…


 いろいろ書きたいことはあります。CGの無い時代にあんなオープニングどうやって撮るんだ!とか、霧の中を迷子になっているだけの時間が異様に緊迫感にあふれているのはなんでなんだぜ?とか、実は山田五十鈴は物の怪なんじゃないか?必殺時代からうすうす感づいてはいたけど、とか、書いていったら霧が無い、いや、きりが無いです。

 でも、きりが無いことを数え上げてみたらみんなこの映画の長所だ、というのは凄いです。さすが世界の黒沢。



 この映画の好きなシーン

 まあ、当たり前で申し訳ないのですが



 DVDのパッケージ


でしょうね。この時代、CGありませんから。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。