馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフタースクール
photo_03.jpg
アフタースクール

監督 内田けんじ
主演 大泉洋
    佐々木蔵之介


(あらすじ)母校の中学校で働く神野良太郎(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る探偵・北沢雅之(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。北沢は神野の親友、木村一樹(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれる神野。ドタバタ捜索劇は、誰もが予想しない展開に向かっていく・・・。


 まず、何はなくとも追い鰹



 と言うわけで、私は邦画を見る基準としてキャストの女優さんで決めてしまうことが多く、結果として高い金を払って少林少女を見てきたりしてしまうわけなのですが、今回は大成功です。


 ストーリーの内容としては、私が映画評を書くに当たって内容をパクらさせてよく参考にさせていただいているワールダーさんのブログにも書いてあるとおり、何も知らずに見に行くべきです。そんなわけでここでは一切映画の内容には触れません。だから、兎にも角にも追い鰹なのです。追い鰹の人なのです。この人がキャバクラにいたら俺は通うな、多分。



 この映画の好きなシーン

 神野が北沢に言う一言。これがアフタースクールなんだ。そう思わせる一言です。


 
 ここまで追い鰹を連呼しておきながらこんなことを言うのもなんですが、田畑智子さんは以外と画面に出てきません。だから、田畑さんファンの方がこのブログを見て映画館に行き、「騙された!」などと思っても私を訴えたりしてはいけません。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
どんどんパクっていただいて結構ですよ(笑)参考にして頂いているんですか?あんな拙い文章で恐縮してしまいます。
神野のラストの台詞には、正直ヤラれてしまいました。最近の邦画には、少々嫌気が差していたのですが、脚本がしっかりしていて、役者もちゃんとした演技をすれば、こういった素晴らしい作品に仕上がるのだと痛感させられました。
田畑さんと境さんのエレベーターのシーンは、笑いを堪えるのが辛かったです。
またお邪魔します。
2008/06/01(日) 23:02:26 | URL | ワールダー #SFo5/nok[ 編集]
>>ワールダーさん
そりゃもう凄い勢いでパクって参考にさせていただいてますよ。この映画を見に行ったのもワールダーさんの評を見てからですし。
と言うわけで、いい映画をご紹介いただいてありがとうございました。これからもどんどんパクらせて参考にさせていただきます。
2008/06/02(月) 21:23:04 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。