馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイリアンVSプレデター
エイリアンVS.プレデターエイリアンVS.プレデター
(2005/08/05)
サナ・レイサン

商品詳細を見る



(あらすじ)南極大陸の氷の下600メートルの地点に、突如、巨大な建造物が出現。実業家のウェイランド(ランス・ヘンリクセン)は探検家のレックス(サナ・レイサン)を中心に世界中から人材を集め、探検隊を組織する。


 最近ツタヤに行くと、エイリアンVSプレデター2が新作として軒を連ねています。おおむね2と言うものは1作目の二匹目のドジョウを狙ったものが多く、そこから考えると1作目というのは結構秀作だったりすることが推測できます。だからしてこの「エイリアンVSプレデター」も秀作に違いない。だって2が出てるんだもの。どう考えても色物のようにしか思えない作品コンセプトだろうと秀作に違いない。ハリウッドだもの。


 そして見終わっての感想。



 たまにはへんなもの作ることもあるよ。人間だもの。


 この映画の好きなシーン


 序盤でプレデターが人を殺す意味が判らない。ま、仕方ないか、宇宙人だもの。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。