馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
REC/レック
1006809_01.jpg
REC/レック
監督 ジャウマ・バラゲロ
主演 マニュエラ・ヴェラスコ


(あらすじ)TV局レポーターのアンヘラは消防士への密着取材中、あるアパートを訪れた。老婆が暴れているらしく、消防士や警官らが取り押さえようとするが、老婆は逆に警官に噛み付いてしまう。なんとか襲われた警官を助け出し、手当てのためにアパートの外に出ようとすると、出入り口はなぜか警察によって封鎖されていた。このアパートには何があるのか? そしてアンヘラたちが回し続けるカメラには、恐怖の一夜が映し出されることになる……。


 最近、こういうキーワードの映画を多く見ているような気がします。主観的撮影だったり、ゾンビだったり…。何だか見飽きた感も強く漂います。


 ただ一点、この映画が、最近見た「クローバーフィールド」や「アイ・アム・レジェンド」と異なる点があるとすれば


 この映画はやたらめったら怖い


という点にあると思います。


 もう一度はっきり言いますが、この映画は怖いです。この映画を見て「俺一回もドキドキしなかったよ。」と言う人間がいたとすれば、その人は早死にします。この映画を見て何の反応も示さないと言うことは、生物としての危機管理能力に何らかの異常があると思って差し支えないでしょう。


 ただ、一口に「怖い」といっても色々な「怖い」があります。そこで、この話の怖さを、別の例え話を引き合いに出して考えて見ましょう。



 むかしあるところに男がいました。男は遊びで付き合った女に子供を宿させてしまったのですが、所詮遊びで付き合った身、女の子共を認知することはありませんでした。それを苦にした女は、子供を身篭ったままビルの屋上から身を投げ、その命を絶ったのでした。

 そして時が過ぎ去ること5年…

 男が深夜会社から帰ってくると、道の真ん中に5歳くらいの男の子が立って泣いています。男は気になって尋ねました。「君はこんなところで何をしているの?」子供は泣くばかり。
しかし夜中に子供が一人でいるのもおかしなものです。不振に思った男はなおも聞きます。
「お母さんはどこにいるの。」
「いないの。」子供。
「誰かと一緒じゃないの?兄弟とか。お兄ちゃんとかおねえちゃんは?」
「いないの。」子供。
「じゃあ、お父さんは?」
すると子供は伏せていた目を上げてこういいました



「お前だよ!」



 この映画の怖さはこんな感じです。



 この映画の好きなシーン


 暗視モードは迫力ありすぎです。



 ちなみに、馬鹿の書く映画評が何を言っているのかまったく判らなくても怖いものは怖いです。興味を持ったら安心して映画館へどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
ほっほぅ~。
確かに怖そうですな。
説明とってもわかりやすくてグゥですv-218
2008/06/18(水) 17:46:38 | URL | リカー子 #-[ 編集]
こんばんは
訪問履歴から参りました<(_ _*)>
いつも記事拝見させていただいてます

私は怖い映画が苦手なんですが
馬面でか頭さんのレビューを読んで
観てみたくなってしまいました!!
映画館で観ると迫力満点で泣きそうですw
勇気が出たら観てみます・・・w

それでは
お邪魔しました☆
2008/06/18(水) 18:45:15 | URL | e r i c a #JalddpaA[ 編集]
>>リカー子さん
有難うございます。
実際とっても怖いです。
ただ、それにも増して、説明がわかりやすいというリカー子さんのやさしさが怖いです。
2008/06/18(水) 22:00:07 | URL | 馬面 #-[ 編集]
>>ericaさん
いらっしゃいませ。場末のブログへようこそ。
こちらから何度か訪問させていただいた挙句、哀れに思ってコメントまで下さった方にこんなことを言うのもなんですが、このブログに訪問いただいた時点でお客様はスットコドッコイです。有難うございます。
今後もスットコドッコイ向けのコンテンツを増産していく所存です。今後ともよろしくお願いいたします。
2008/06/18(水) 22:05:57 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。