馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スモーク
SMOKESMOKE
(2002/03/20)
ハーヴェイ・カイテル

商品詳細を見る



(あらすじ)ブルックリンの街角で小さな煙草屋を営むオーギー・レンは、10年以上毎日同じ時刻の同じ場所で写真を撮影していた。煙草屋の常連で、オーギーの親友でもあるポール・ベンジャミンは作家であるが数年前に銀行強盗の流れ弾で妻を亡くして以来仕事が手につかず悩んでいた。ポールが道端をボンヤリと歩き、危うく自動車に轢かれそうになったところ、一人の少年が彼を助け出した。ラシードと名乗るその少年に感謝したポールは彼を自分の家に泊めてやる。2晩泊まった後にラシードは家を出て行ったがその数日後にラシードの叔母を名乗る女性が現れた。ラシードの本名はトーマス・コールといい、偽名を使って各地を転々としていたのだった…


 ま、話は前回の続きとなるわけですが私はレザボア・ドッグスを見て大変に感動したわけです。


 同時にこの出来事は、自分で「映画好き」を自称しながらも実は日曜洋画劇場くらいしか見たことのなかった私の映画観を変えました。テレビではやらなかったけど、あの映画はめちゃくちゃ面白かった、他にもあんな映画はいっぱいあるに違いない。

 しかしI藤君、かっこよかったな。マイケル・マドセンか。あんなふうにマイナーな俳優の名前が出てきたらかっこいいな。合コンでもてるかも知れないし。よし、俺もマイナーな映画俳優に詳しくなろう。そのためにも、レザボア・ドッグスに出ていた俳優さんの出演映画をチェックしに行こう。


 とこのように思いっきり間違った方向に走り出した若かりし頃の私。ビデオを借りまくる、という手もあったのですが、私はこの時名画坐に足を運ぶ、という手を取りました。当時私が住んでいた町は池袋からそんなに遠くはなく、池袋文芸座で上映されていた特集映画は予定のない休日を過ごすのに格好の場所だったのです。 


 そして見たのがこの映画と「ブルー・イン・ザ・フェイス」の、ハーヴェイ・カイテル二本立て祭りでした。


 結果として、続編とされる「ブルー・イン・ザ・フェイス」を先に見てしまい、内容がほとんど理解できなかった、というのは若さゆえの過ちとして処理していただいてよろしいのではないでしょうか。シャア大佐。



 この映画の好きなシーン


 だから、覚えてないんだって。



 こんな内容で映画評といえるかどうかは分かりませんが、気が向いたら拍手でもしてやってください。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
馬面さん
いやーっ。この映画私のチョーチョーチョー大好きな映画です。もちろんブルー・イン・ザ・フェイスも。ビデオも買っちゃいました。昔だったのでDVDではなく、今は観れないところが悲しい。
ハーヴェイ・カイテル大好きなんですよ。クリストファー・ウォーケンと同じくらいに。
雰囲気抜群の映画ですよね。
池袋文芸座、私も通っていましたよ。他にもアクト・セイゲイやロサ会館や早稲田松竹やギンレイなど。あー、もしかしたら合っていたかもしれませんね。
2008/07/28(月) 18:18:35 | URL | リカー子 #-[ 編集]
>>リカー子さん
いやーリカー子さんのこの映画にかける愛情が伝わってくるコメント、まことにありがたく頂戴いたしますが、所詮私の映画評は覚えてない、程度のもので全くもって立つ瀬がありません。困ったものです。

 話は変わりますがロサやギンレイホールは私も時々いってましたね。どこかでお会いしていた可能性は大です。

 しかし、クリストファー・ウォーケンですか。ケツの穴に時計を隠した人ですね。この人のことについてはまた別に一記事書きます。
2008/07/28(月) 21:34:53 | URL | 馬面 #-[ 編集]
クリストファー・ウォーケン、たまらないですよね。この前は彼がたまたまでていたイギリスのコメディーショーをダウンロードして観てしまいました。何だか人間とは思えない無機質で青い血が流れていそうなところと映画のチョイスがいい。クリストファー・ウォーケンが出ているってだけで映画を観ちゃいますね。ピンポンもくだらないけど、楽しかった。
最近、友達がクリストファー・ウォーケンの物真似をするんですが、めちゃ似ていない。でも彼の物真似をしようとする姿勢は大いに買いっす。
ちなみにシネマセレサで映画を観ていて、迷い込んだ猫の鳴き声がうるさくて集中できなかったのを思い出しました。
2008/07/29(火) 12:13:53 | URL | リカー子 #-[ 編集]
>>リカー子さん
クリストファー・ウォーケンの物真似とやらにやたらと食指を動かされました。きっと誰もやってません。新境地です。酒の席で見ることが出来たら「帰れ!」と叫んでしまいそうです。
2008/07/31(木) 00:07:29 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。