馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕らのミライへ逆回転
img1_1223278345.jpg僕らのミライへ逆回転

監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 ジャック・ブラック モス・デフ ダニー・グローヴァー
    ミア・ファロー メロニー・ディアス

(あらすじ)いまだにビデオテープしか置いてない街角のレンタルショップ。そこは30年代に活躍した伝説のピアニストの生家だというが、いまや再開発のため取り壊しの運命に。そんな中、店員のマイクは店長から店の留守を預かる。やる気満々のマイクだが、近くのトレーラーハウスに住む友人ジェリーが起こした「事件」のせいで、店の全ビデオの中身が消去されてしまう。困った二人は自分たちで映画をリメイクし、それを客に貸し出すのだが…。


 最近つとに見かけなくなったビデオテープ。今はどこのレンタルビデオに行ってもDVDばかりです。


 それでこの映画の登場。物凄くゆるい感じのレンタルビデオがこの作品の舞台になります。出演はジャック・ブラック。最近物凄く乗っている人で、主演作品も続々と公開されるようになりました。


 どうやらこの人、めちゃくちゃ面白い人のようなのです。


 今日この映画を見たのは海老名というところだったのですが、どうも外人さんが多く、映画館の中にも当然のように外人さんがおられたわけです。で、そんな外人さんたちと一緒にこの映画を見たわけなのですが(友達ではないです)、


 もうね、大爆笑してるんですよ。


 なんていうか黒人さん独特のイヤーホhッホhッホオhhh!!!みたいな笑い方で。なんか笑い袋か笑い缶かお前、位の感じで。

 
 しかも私が全然笑えないところで。



 悔しい!


 以前、ナチョ・リブレを本牧で見たときも私の後ろに外人お子様5人連れ、見たいな人たちが座ったことがあったのですが、この人たちもジャック・ブラックの台詞回しやなんかで大笑いしているんですよ。もう本当に大笑い。爆笑。


 まあ以前、「監督・ばんざい」や「ノー・カントリー」を見たときにも書いたのですが、文化の下地がないと笑えないみたいな映画ってのはたくさんあって、そういった意味ではジャック・ブラックやコーエン兄弟の映画は日本では本当の意味では正当な評価はされていないんだろうな、などと思います。


 それでもやっぱりこの映画はいい映画で、映画好きの人にはたまらない内容になっています。何だかラストはニュー・シネマ・パラダイスみたいになってるし。



 この映画の好きなシーン

 やっぱりゴーストバスターズだ。


 「おれゴーストバスターズはカット割り覚えるほど見たぜ。」な方は映画館へ急げ!脱力するから!
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。