馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーグル・アイ
1006981_01.jpgイーグル・アイ

監督 : D・J・カルーソー
製作総指揮・原案 : スティーヴン・スピルバーグ
出演 : シャイア・ラブーフ 、 ミシェル・モナハン


(あらすじ)「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていくアリアは、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。


 最近のハリウッド映画のヒロインは、子連れの場合がとっても多い。


 そして、その子供はたいていの場合体が弱く、おおむね喘息を患っていて、毎日薬を飲んでいる。


 アメリカ人てのはそんなに離婚ばっかりしてるんですか。日常的にディボース・ショウなんですか。ああそうですか。マドンナとガイ・リッチーの離婚でガイ・リッチーの資産が圧倒的に少ないって、51億の資産が少ないんですか。ああそうですか。



 マドンナは、どうして俺を養子にしてくれなかったのか。




 そんなことはともかく、この映画は「2001年宇宙の旅」です。「2001年」は公開された当時難解な映画だと言われていたようですが、今になってこの映画を見てみると、「2001年」の先見性が伺えます。


 この先はネタばれありですが








 それにしても「2001年」にしろ、この映画にしろ、うちのパソコンにしろ、



 コンピューターってのは何であんなに簡単に壊れるのか?



 まさか黒幕を棒一本でねえ。



 この映画の好きなシーン

 何だかんだ言って、ジェリーが撃たれるシーンは結構好きだ。


 ちなみに、アクションシーンでは酔う可能性があります。要注意。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。