馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼が二度愛したS
1007050_01.jpg彼が二度愛したS

監督 : マイケル・ランゲネッガー
出演 : ヒュー・ジャックマン 、 ユアン・マクレガー 、 ミシェル・ウィリアムズ 、 シャーロット・ランブリング 、 マギーQ


(あらすじ)ニューヨークのオフィスの片隅で、ひとり黙々と仕事をこなす会計士ジョナサン・マコーリーの退屈で孤独な毎日は、弁護士ワイアット・ボースと出会ったことで一変する。お互いに名前も明かすことなく一夜限りの情事を楽しむエグゼクティブ限定の会員制秘密クラブの存在を知り、甘美でスリリングな夜にはまってゆくのだった。そんな中、名前が“S”で始まる美しい女に心を奪われるが、残忍な殺人事件に巻き込まれてしまう。


 というわけでサスペンスです。エロです。エロサスペンスです。


 古今東西を問わずセックスってのはとっても魅力的なようで、私のような仙人には全く分からないのですがセックス産業ってのは犯罪の温床に得てしてなり易いものみたいです。ええ、私のような仙人には全く分かりませんけど。

 で、まじめな会計士マコーリーも見事にその罠に掛かってしまいます。私のような仙人にはその心境が分からないのですがどうやらそういうものらしいのです。ボースみたいな人間に何でそういうサークルに入る力があったのかという疑問はともかく、要するにそっち方面の力は人を盲目にする働きがあるのです。たとえ好きになったSよりもサークル内のほかの女性のほうがどう考えても綺麗であっても恋は盲目なのです。

 というわけで、「サスペンスとしては単純だよね~。」という評が多いように見受けられるこの映画ですが、私はこれでいいと思っています。いいじゃないですか。実際に単犯の詐欺師なんてそんなに込み入ったことは出来ませんって。

 しかしユアン・マクレガー。最近まじめな人の役が多いです。最初に私がこの人を知ったのはトレインスポッティングのレントン。不良です。人間、変われば変わるもんなんですね。



 この映画の好きなシーン

 銀行のシーンはちょっと爽快だな。



 ただいま絶賛上映中。別に見逃してもいいけど。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
仙人さん、霞食べてますかー?エグゼクティブ限定の会員制秘密クラブ是非行ってみたいわー。多分お断りされそうですが。
最近、日本のコマーシャルでユアン・マクレガーを見るたびに、悲しくなります。
2008/11/17(月) 13:10:43 | URL | リカー子 #-[ 編集]
コメント欄も何やらエロ秘密クラブみたいですね(汗)
そうそう、単独犯だったのですよね。
最近、巨大悪の組織がバックについてる話が多かったから、
案外慎ましいスジに驚きました。

仙人だったのですかぁ(笑)
かえって、ドキドキされたのでは?(笑)
2008/11/17(月) 22:36:10 | URL | あん #-[ 編集]
>>リカー子さん
仙人は肉とか酒とか食って暮らしてます。
健康そのものです。

しかしレントン、今見ると驚きます。
2008/11/18(火) 06:37:51 | URL | 馬面 #-[ 編集]
>>あんさん
当ブログのコメント欄こそが実はエロ秘密クラブなのです。
それに気がついてはいけなかったのです。

もうじきオバQに良く似たヒットマンがそちらに伺うかもしれません。犬を飼っておくことをお勧めします。
2008/11/18(火) 06:41:27 | URL | 馬面 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。