馬鹿が脊椎反射で書く映画感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピード
スピード (ベストヒット・セレクション)スピード (ベストヒット・セレクション)
(2007/11/21)
キアヌ・リーブス

商品詳細を見る



監督 ヤン・デ・ボン
出演 キアヌ・リーブス サンドラ・ブロック


(あらすじ)ロサンゼルスのオフィスビルにあるエレベーターに爆弾が仕掛けられ、乗客達が閉じ込められる事件が発生。ロサンゼルス市警察SWAT隊員であるジャック・トラヴェンはマクマホン分隊長や同僚のハリー達と共に爆弾を排除、乗客達を救出。さらに身代金を要求してきた犯人のハワード・ペインを追い詰めるがもう一息のところで逃げられる。ペインは元爆発物処理班員で、処理中の爆発事故により左手親指を失う障害を負って退職せざるを得なくなったが“市当局は記念の金時計と障害年金を寄越しただけで、他に何も補償してくれない”と逆恨み、警察に挑戦を始めたのだ。

逃げおおせたペインは路線バスに爆弾を仕掛け、ジャックに対応させるよう仕向ける。信管は速度測定系に連動、バスの速度が一度でも時速50マイルを越えると安全装置が解除され、50マイルを下回ると爆発する。それを阻止するため走行中のバスに飛び乗ったジャックだったが、不法滞在している自分を追ってきたと思い込んだ乗客の一人が誤って発砲し、運転手が負傷。スピード違反で免停中のためバス通勤していた若い女性、アニーがハンドルを任された。ジャックと乗客たちの運命は……!?



 時計が壊れた。


 私は普段はほとんど時計をしていないのですが、さすがに仕事中だけは必要なのでしています。で、そのはめてる時計はGショック。私の仕事は秘密ですが、その仕事に際して一番使い勝手がいいのがGショックなわけで、雨の日も風の日も愛用させて貰ってます。カシオありがとう。


 で、そのGショックが止まりました。いわゆる電池切れです。


 電池切れということは電池を換えればもう一度動くんでしょうが、消費社会の現代を生きる私は勇んで新しいGショックを買いに行きました。ただ、単に仕事で使うだけの時計には余り金をかけないのが私の主義です(貧乏とも言う)。訪れた電気屋さんで一番安いGショックを物色します。


 するとありましたありました。初期型Gショックの復刻版。これが一番安いようです。



 で、スピードを思い出したわけです。


 実はこの映画を上映していた当時、デジタル腕時計というのはとてもダサいものでした。みんなアナログ時計だったんです。デジタル時計をしている奴はガキ扱いされてたんです。


 それを一変させたのがこの映画。犯行予告を受けたキアヌ・リーブスが腕時計を見ると、そこには初期型のGショックが爛爛と輝いていたわけなんです。


 
 それ以降Gショックが脚光を浴びるのはご存知の通り。ベビーやらイルクジやら登場し、この世の春を謳歌するわけです。映画の力は凄い。



 この映画の好きなシーン

 キアヌ、バスの下から登場。


 15年前の映画とは思えない完成度。必見です。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。